女の人

専門施設ならどんな刺青もレーザー治療によって目立たなくできる

信頼できるクリニックへ

ウーマン

女性にとって美しい胸は永遠の憧れでもあります。胸が小さいとはハリがないといった悩みは豊胸手術や治療で解決することができます。信頼できるクリニックや医師との出会いが大切ですので、きちんと対応してくれるところを探しましょう。

Read More

人気の部位

医師

脂肪吸引を希望する人の中でも、人気がある部位がふくらはぎです。運動や食事制限ではなかなか細くならない部位であるため、脂肪吸引で細くしたいと感じている人は多いようです。脂肪吸引を受ける際には、周囲とのバランスを考慮する必要があります。

Read More

若々しさを取り戻そう

顔を触るレディ

年齢を感じさせる原因となるほうれい線は肌の弾力の低下や筋肉の衰えなどで起こってきます。若々しい顔を取り戻すためには美容医療による治療が高い改善効果が期待できます。治療方法も様々なものがありますのでそれぞれに合う方法を選びましょう。

Read More

彫り方と照射の回数

刺青

機械彫りと手彫り

レーザー治療によって刺青を除去したいと思っている人は決して少なくありません。しかし、このレーザー治療で刺青が消える回数は、いろんな条件によって異なってきます。「どのくらい繰り返せば、綺麗に取り除けるのだろうか」と疑問を抱いている人は、まずどのように刺青を彫ったのかを知る必要があります。彫り方というと、機械彫りと手彫り、さらに手彫りには職人によるものと本人によるものがあります。実はこの3つは同じ刺青であっても、それぞれ特徴が異なっています。そのため、レーザー治療による効果も左右されることがすくなくありません。まずは、どのように彫ったのかを再確認してから、専門の医療機関に足を運ぶのが良いでしょう。

3つの彫り方

職人の手彫りをベースで見てみます。本来の刺青は真皮層に色素を定着させており、職人のものはそれに近いです。墨の量や種類などでも違いがありますが、およそ5〜10回ほどで効果を得られます。機械彫りは雑に行われていることが多く、真皮層よりもさらに深い脂肪層にまで色素が達していることがあります。その部分はレーザーが届かないため、何度やっても色が残ってしまうケースがあります。一方、自分で手彫りした場合は、痛みが伴うためどうしても真皮層よりも浅めに彫るケースが多いです。こちらはレーザーの効果を得やすいため、比較的少ない回数で刺青が消えることが多いです。あくまでも目安となりますが、機械彫り・職人の手彫り・自分の手彫りの順に回数が減っていきます。